スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

子育て部

4,500万

これって、なんの数字だと思います?

今、日本に生まれてくる子ども一人一人が背負っている借金だそうです。

すごい金額だと思いませんか??

とりあえず私が思ったことは
風邪ぐらいで病院行ってる場合じゃありません!
自分たちがしなければならないことは、
子どもたちのために、とりあえず、健康でいることも大事な仕事だって思います。

そうやって、考えていくと、自分にもできること、たくさんありそうですよね。

先日参加した家族を守る!夢を叶える!これからの時代の粋な主婦道
他にも今の日本のいろんな数字を見せてもらったのですが

ぼーっ。と、生きてきた私。
「だからぁ!もうこれからは、なんとかなりませんよ!!」と喝を入れていただきました。

うすうす感じている人は多いと思いますが
私たちが受けてきた教育では、これからは通用しないんですね。

なので、一緒に学んでいきましょう。ということで子育て部を発足したそうです。
これから近場でも立ち上げていきたいなと思っています。

毎月、ランチ会も開催されるようなので興味のある方はぜひ。
ママのランチ会

自分が動けば、少なくとも自分の世界は動きだす。
私はそう思っています。

スポンサーサイト

2012.03.07 | | こども

クレヨンハウス

久しぶりにクレヨンハウスに行ってお店の前に書いてあった
落合恵子さんの言葉。
ちょっと長いけど・・・私が忘れないために書いておきます。

「知らなかった、知らされなかった、知ろうとしなかったわたしたちが、ここにいる。
それらすべてを丸ごと背負って、わたしたちは、いま、ここから、再びのはじめの一歩を
踏みださなくてはならない」
これは、チェルノブイリ原発事故の直後、わたしが書いた脱原発のメッセージの一部だと、
5年たったいま、ひとから教えられた。あの時も「そう」考えていたのだ。
それにもかかわらず、「ここまで」きてしまった。

わたしたちは知っている。
決して事故を起こさない機械はなく、老朽化も含めて、
原子力発電所がひとたび事故を起こしたら「どう」なるのかも。
自然への畏敬を忘れ、この地震大国に54基もの原子力発電をつくってしまった責任は、
ほかでもないわたしたち大人にある。
わたしたち大人の愚かな選択のために、子どもたちは、原子力発電の被害者として生まれて、
生きていく社会になってしまった。

かつてクレヨンハウスは、チェルノブイリ原発事故のあと勉強会をし、ささやかながら反対運動もした。
しかし、それを持続してこなかった。
ほかにやることがいっぱいあって、という言いわけが子どもたちに通るわけがない。
責任はきわめて大きい。
その反省から、このブックレットを創刊する。
この小さなメディアをつくりつづけながら、「あなた」と柔らかくつながり、共に勉強していこうと思う。
もう、知らないとは、知らされなかったとは、知ろうとしなかったとは決して言えない。
サブタイトルの「わが子からはじまる」は、そこから出発し、けれど血縁を越えて、という意味である。

わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレットシリーズ

4月にはクレヨンハウスさん主催で小出裕章さんの 「反原発教室」 があります。

2012.03.07 | | 日々

«  | ホーム |  »

Zorg

twitter

プロフィール

テッテ.

Author:テッテ.
こんにちは。

te+te【テッテ】です。

te+teは「手+手」

手はあたたかい。
手は人と人をつなぐ。

手には
不思議な力があるような気がします。

だから私は

愛をこめて ふれる。
愛をこめて つくる。
愛をこめて シャッターをきる。

手の中には、いつも私があります。

「my life is in my hands」

「ありのままの」
「自分が主役の人生を生きる」

自分の気持ち
自分の夢
自分の生き方・・・を大切にできたらなら

「our life is in our hands」

みんな違って当たり前、
すべての人が大切。

そう。
きっと。
もっと。

人と人は
つながっていけるのかな。

そしたら、しあわせだな。


プライベートでは1児の母。

今、私のしていることは
とても小さなことかもしれない
けれど、きっと、それは、
ちいさなあなたの未来に
繋がっていると
信じて歩いていきたい。

いつの日か
あなたが私の手を
必要としなくなるまで
私は愛を伝え続けよう。

抱きしめる手が
ちいさなあなたの未来に届くよう
何度も、何度も。

--------------
2010年2月、自宅にて
atelier te+te(アトリエ テッテ)オープン

■活動内容■

☆写真撮影
家族写真を中心に活動しています。
ご家族そのままの、雰囲気、あたたかさ
温度や想いが伝わる写真を撮っていきたいと思っています。

☆フォトワークショップ
「写真」を毎日の生活に
取り入れていくことで
「自分らしさ」に気づき、
「自分らしさ」を表現していくことを
目的とした講座。

☆ママ向けのフォトワークショップ
お子さんの誕生を機に写真をはじめた
初心者ママ向けの
もっとカメラと仲良く、
そして、子育てが楽しくなる講座。

☆「てしごと」を中心とした
ワークショップ企画、運営。
スクラップブッキング、ミシンの会、編み物、羊毛フェルト、豆本・・・など

ちいさなアトリエから
ちいさなしあわせを発信中。

--------------

お問い合わせはコチラから
お願いいたします。

atelier.tette★gmail.com

(★を@に変更して
送信してください。)

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。