スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

BE

DSC_1514.jpg

講座をさせていただいている東急BEさんの「BE」には

「ある」「存在する」「~になる」という意味から
「楽しみ」や「自己実現」提供すること。

また、主語や述語を結びつける役を持つことから
「出会い」や「コミュニティ」形成の場となる。

そんな想いが込められているんだそうです。


先日、こちらで初めてさせていただいた講座、全6回が無事終了しました。

月1回ですが、お子さんと離れて好きなことに挑戦する皆さんは
とても楽しんでいらっしゃいましたし

半年間、撮影会などもしながら、ご一緒させていただいたので
写真を交換されたり
皆さんどんどん仲良くなられて

私もとても嬉しかったです。

そして、「Kids写真」講座なので、皆さんから

・子どもの視点で考えるきっかけになりました。
・子どもの内面を考えたり、引き出したりすることの大切さを教えていただきました。
・ママの目線で撮るというのは、子どもへの思いやり、接し方、愛情が大事だと思いました。

などのご感想をいただき、本当に嬉しく思っています。

なのですが

・ある程度、カメラのことを知っている人でないと理論的なことは難しい。
・撮った写真の講評に、もう少し時間をかけて欲しい。
・違う設定の撮影会もしたい。

などのご意見もいただいたので
もう一度、講座のブラッシュアップをして
10月からの講座に臨みたいと思います。

みなさん、本当に勉強熱心なのです。

みなさま、貴重なご意見をありがとうございます。

今回はクリスマスイルミネーションの撮影を楽しんだりできると思います。
楽しみです!

ママも違えば、子どもたちも違う。
お一人お一人の想いと、それぞれの個性。
いろんな作品が生まれるといいなぁって思ってます。

お申込みはコチラ↓
http://www.tokyu-be.jp/seminar/2011100005EC03101.html

スポンサーサイト

2011.10.15 | | 【te+te】写真

«  | ホーム |  »

Zorg

twitter

プロフィール

テッテ.

Author:テッテ.
こんにちは。

te+te【テッテ】です。

te+teは「手+手」

手はあたたかい。
手は人と人をつなぐ。

手には
不思議な力があるような気がします。

だから私は

愛をこめて ふれる。
愛をこめて つくる。
愛をこめて シャッターをきる。

手の中には、いつも私があります。

「my life is in my hands」

「ありのままの」
「自分が主役の人生を生きる」

自分の気持ち
自分の夢
自分の生き方・・・を大切にできたらなら

「our life is in our hands」

みんな違って当たり前、
すべての人が大切。

そう。
きっと。
もっと。

人と人は
つながっていけるのかな。

そしたら、しあわせだな。


プライベートでは1児の母。

今、私のしていることは
とても小さなことかもしれない
けれど、きっと、それは、
ちいさなあなたの未来に
繋がっていると
信じて歩いていきたい。

いつの日か
あなたが私の手を
必要としなくなるまで
私は愛を伝え続けよう。

抱きしめる手が
ちいさなあなたの未来に届くよう
何度も、何度も。

--------------
2010年2月、自宅にて
atelier te+te(アトリエ テッテ)オープン

■活動内容■

☆写真撮影
家族写真を中心に活動しています。
ご家族そのままの、雰囲気、あたたかさ
温度や想いが伝わる写真を撮っていきたいと思っています。

☆フォトワークショップ
「写真」を毎日の生活に
取り入れていくことで
「自分らしさ」に気づき、
「自分らしさ」を表現していくことを
目的とした講座。

☆ママ向けのフォトワークショップ
お子さんの誕生を機に写真をはじめた
初心者ママ向けの
もっとカメラと仲良く、
そして、子育てが楽しくなる講座。

☆「てしごと」を中心とした
ワークショップ企画、運営。
スクラップブッキング、ミシンの会、編み物、羊毛フェルト、豆本・・・など

ちいさなアトリエから
ちいさなしあわせを発信中。

--------------

お問い合わせはコチラから
お願いいたします。

atelier.tette★gmail.com

(★を@に変更して
送信してください。)

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。